ディープダンジョンで深層や高層へ行くための準備

ディープダンジョンで深層や高層へ行くための準備

こんにちは、エコット( @Ekott_ff14)です。

ディープダンジョンは高層階に行くほど難易度が上がり、特に死者の宮殿なら101階以上、アメノミハシラなら31階以上では1つのミスで全滅してしまうコンテンツになります。

FF14のコンテンツの中でも特殊なルールなため、ディープダンジョンの攻略は極や零式とは違う準備が必要になります。
この記事では『ディープダンジョンの高層攻略の準備』について書いています。

装備

ディープダンジョンの中では今着ている装備は見た目のみ反映されます。
なのでどんな装備で行っても構いません。

ディープダンジョンのステータスは魔器の強化値で決まります。
魔器の強化は武器(盾)防具に分かれており、最大+99まで強化できます。
強化は青い宝箱を空けると+1ずつ上がります(強化に失敗することもあり)。

高層階にチャレンジするときには、どちらも+99にしておくとよいでしょう。

アイテム

必須アイテム

食事
HPを上げるために使います。
高層階では雑魚の1撃が痛いのでHPを上げます。

フェニックスの尾
仲間の蘇生に使います。
FF14ではほぼ使う事のないアイテムですが、ディープダンジョンでは重要アイテムです。
マケボで購入するかディープダンジョンの銅の宝箱から手に入れましょう。

生者の秘薬(天之秘薬)
すさまじいリジェネ効果の薬です。土器片と交換で入手できます。
大量に持っていくことをお勧めします。
死者の宮殿は生者の秘薬、アメノミハシラは天之秘薬しか使えないので注意。

やまびこ草
沈黙を解除するアイテム。
FF14では存在を忘れるくらい使う機会がないアイテムですが、ディープダンジョンでは必ず持っていきたいアイテムです。

あったら安心なアイテム

元気薬、解毒薬
麻痺解除と毒解除の薬です。
あると便利ですが、秘薬系の薬など他の薬とリキャストが共通なので状況を考えて使う必要があります。

各ステータスの強化薬
零式でも使うステータスを一時的に強化する薬です。
こちらは持っていかない方もいますし、お好みで。
もしかしたら、いざという時に役に立つかもしれません。

スキル

普段の戦闘ではほぼ使われずホットバーに登録していないようなスキルもディープダンジョンでは活きてくる場面があります。

メンバー構成にもよりますが、あると便利なスキルをご紹介します。

プロトン(レンジ)
移動速度がアップするのはやはり便利です。

詠唱中断スキル(タンクとレンジ)
タンクならインタージェクト、レンジならヘッドグレイズ。
対ミミックにとても強い。

相手の行動を抑止できるスキル
スタンはもちろん、普段はあまり使われないヘヴィやバインド、リポーズなど敵の動きを抑止するスキルは複数の敵に囲まれたときに重宝します。
リポーズはヒーラーのロールアクションですが、ホットバーに入れていない方も多いのではないでしょうか。

おわりに

どんなに慎重に進んでもトラップを踏んでしまい全滅してしまうことも多いです。
あのアイテムがあれば…なんていう後悔しない為にも、しっかり準備して挑みたいですね!

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。