[FF14]童顔キャラメイクの作り方②

[FF14]童顔キャラメイクの作り方②

こんにちは、エコット( @Ekott_Kott)です。

キャラメイクは始まりにしてエンドコンテンツ!
キャラメイクに悩みすぎてなかなかゲームが始められない方も多いのではないでしょうか。

以前童顔キャラメイクの作り方という記事を書きましたが未だに結構読まれています。
FF14では幻想薬(約1,000円)で後からキャラメイクを変更できるので私のようにたくさん幻想薬につぎ込んだ人も多いでしょう。

この記事では童顔キャラメイクの作り方第2弾として髪型について書いています。
今回もアウラ♀でキャラメイクします。
顔のパーツについては以前の記事を参照ください。

顔の輪郭

人の顔はファッション雑誌などで丸型、卵型、四角型、▽型など分類されていますよね。
一般的に丸型タイプが童顔と呼ばれています。

なので丸型を意識してキャラメイクをすれば童顔に近づけます。

髪型

髪型で印象がガラッと変わるので大事な部分です。
前髪があったほうがいいというのは以前もお話ししました。

ではアウラで人気の髪型3種類を比較してみましょう。

そして他の種族でもできる髪型でも比較。

これらは全て同じ顔で髪型だけ変えて撮ったSSです。

こうして並べてみると頭の大きさ(高さ)が髪型で違います。
これはアウラだけではなくて他の種族でも言えると思います。
※ヒューランとミコッテは確認済みです。

アウラの前髪ぱっつんヘアは全体的に頭頂部が低めで丸型の顔と言えます。
一方、片目が隠れているヘアはやや頭頂部が高く3種類の中では落ち着いた印象を与えます。

ゆるふわヘアミコトヘアは頭頂部の高さの違いがわかりやすくでています。
ゆるふわヘアはやや面長になり、このアウラの顔タイプの輪郭だとミコッテの同じ髪型より落ち着いた印象になります。
ミコトヘアはサイドの髪も合わさって丸い顔が際立っています。

おわりに

このように顔の輪郭は髪型とセットにして考えると理想のキャラメイクに近づけるかもしれません。

といっても髪型は美容師でいつでも変えられるうえ新しい髪型が追加され続けるのに対し、顔の輪郭は幻想薬飲まないと変えられないので髪型変えるごとに気軽にはできませんが…
キャラメイクのときに頭の片隅にでも入れておいていただければと思います。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。